万博とは

「万博(万国博覧会)」とは、「国際博覧会」の略称で、国際博覧会条約という国際条約に基づいて、パリに本部が有る「博覧会事務局(BIE)」に正式に登録又は認定された博覧会です。

会場には、世界各国や企業、(個人)の「パビリオン(仮説の建築物や展示館、テントなど)」がいくつかのゾーンに分けられて出展されます。各パビリオンでは展示やパフォーマンス、新技術やサービスの発表など様々なイベントが実施されます。出展側も見物側も、世界中から参加者が集まり、大人から子供まで楽しめる世界における一大イベントです。

万博を開催する目的は?

国際博覧会条約によれば、「複数の国が参加した、公衆の教育を主たる目的とする催しであり、文明の必要とするものに応ずるために人類が利用することのできる手段又は人類の活動の一若しくは複数の部門において達成された進歩若しくはそれらの部門における将来の展望を示すものをいう。」とされています。

簡単に言うと、人類の文化と産業の成果を展示することを目的として開催されます。会場には世界各国の文化や最新の技術、サービスなどが集まり、世界中の人々の交流の場としても機能しています。

万博で展示された最先端の技術は未来の私達の身近な生活へと徐々に反映されていきます。例えば1970年に開催された大阪万博で「動く歩道」の展示がありました。現代でも駅やショッピングセンターなど様々な場所で実装されています。

スパークプラグ PFR5R-11 * スパークプラグ *1台分16本セット* 2001年6月~ 113M55 GF-20073 メルセデス *1台分16本セット* S55 ベンツ AMG [4292] ■NGK

格安航空券等の予約比較サイト「エアトリ(東京)」が、10代~70代の男女1,233人を対象に「2025年大阪万博」に関する調査を実施しました。それによると、大阪万博が開催されることについて「うれしい」と答えた人は45.6%で、半数近くは歓迎していることが判明しました。

地域別で見ると「うれしい」(近畿圏:60.5% 関東圏:34.8%)と、開催地である大阪を含む近畿圏の人が、より大阪万博の開催を喜んでいる様子です。万博に行きたいと思うかという問いには、「行きたい」と回答した人の割合が63.8%。地域別では、この質問でも近畿圏が80.1% 、関東圏が50.8%)と、近畿圏の方が行きたいという人が多かったようです。

万博の「テーマ」について

1970年大阪万博のテーマ

1970年の大阪万博では 【送料無料】 165/55R14 14インチ INTER MILANO インターミラノ スペックK 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ EC202L サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum19】、「人類の進歩と調和」をテーマとし、高度経済成長期の日本で、自然や人間性への配慮をどう実現していくのかを考える博覧会でした。

2025年大阪万博のテーマは?

2025年の大阪万博では、「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマ、「多様で心身共に健康な生き方 FGK(フジツボ)オーソライズSマフラーVY12 ADエキスパート 1.5 2WD、持続可能な社会・経済システム」がサブテーマです。

成熟期の日本の最先端技術である、「人工知能(AI)」や「拡張現実(AR)」、「複合現実(MR)」、「仮想現実(VR)」などを駆使し、誰もが健康で豊かに長生きできる未来社会の実験場となる予定です。

万博の区分について

国際博覧会は、会場の規模やテーマによって、

■NGK [4292] *1台分16本セット* スパークプラグ PFR5R-11 * メルセデス ベンツ AMG S55 GF-20073 113M55 2001年6月~

詳しくはNGKまで。★NGK
【適合車種】

●メルセデス ベンツ AMG S55

●排気量 : 5500cc

●車種型式 : GF-20073

●エンジン型式 : 113M55

●年式 : 2001年6月~

●純正番号 :A 003 159 94 03


【長期間の使用による不具合例】
●電極が消耗して火花が飛びにくくなります。
●発火部に燃えたカスがたまり、異常燃焼(プレイグニッション)を招き、電極溶解などのトラブルを起こすことがあります。

【一般プラグ・白金プラグ・イリジウムプラグの交換距離の目安】
●四輪車 15,000~20,000km
●軽四輪車 7,000~10,000km
●二輪車 3,000~5,000km
※荷物を多く運搬する車や少排気量車、チューニング車、同時点火コイル(両極性電源)採用車等では交換距離の目安が短くなる場合があります。

登録博覧会(登録博)認定博覧会(認定博)の二種類に大別されます。ちなみに1988年に国際博覧会条約が改訂されるまでは登録博は「一般博」、認定博は「特別博」という区分をされていました。

登録博と認定博の主な違い

登録博 認定博
規模 大規模 小規模
開催頻度 5年に1回 2つの登録博の中間期間に1回
開催期間 最大で6ヶ月まで 最大で3ヶ月まで
パビリオンの用意 各参加国が用意 開催国が用意
日本で開催された万博 1970年日本万国博覧会(大阪)

2005年愛・地球博(愛知)

2025年国際博覧会(大阪)
1975~76年沖縄国際海洋博覧会(沖縄)※6ヶ月間開催

1985年国際科学技術博覧会(茨城)※6ヶ月間開催

1990年国際花と緑の博覧会(大阪)※6ヶ月間開催

認定博は通常3ヶ月間の開催になります。日本で開催された3つの認定博は、当時は条約改定前の特別博という区分であったため、6ヶ月間開催可能でした。

国際博覧会の歴史

万博のはじまりと変遷

一番最初に開催された万博は、1851年の「ロンドン万国博覧会」で、141日間に渡って開催されました。「水晶宮博覧会」とも呼ばれ、近代の工業技術とデザインの祝典として大成功を収めました。

今では平和の象徴として、そして世界各国の人たちの交流の場となっていますが、初めての万博開催である当時は、権力者が財宝や戦利品を展示することにより、権勢を誇示する手段として開催されていました。

過去に開催された国際博覧会の一覧

※登録博は【登】印をつけています。

1851      ロンドン万博(イギリス)

1853      ニューヨーク万博(アメリカ)

1855      パリ万博(フランス)

1862      ロンドン万博(イギリス)

1867      パリ万博(フランス)

1873      ウィーン万博(オーストリア)

1876      フィラデルフィア万博(アメリカ)

1878      パリ万博(フランス)

1880      メルボルン万博(オーストラリア)

1884      ニューオリンズ万博(アメリカ)

1888      バルセロナ万博(スペイン)

1889      パリ万博(フランス)

1893      シカゴ万博(アメリカ)

1897      ブリュッセル万博(ベルギー)

1900      パリ万博(フランス)

1904      セントルイス万博(アメリカ)

1905      リエージュ万博(ベルギー)

1906      ミラノ万博(イタリア)

1910      ブリュッセル万博(ベルギー)

1913      ヘント万博(ベルギー)

1915      サンフランシスコ万博(アメリカ)

1925      パリ万博(フランス)

1926      フィラデルフィア万博(アメリカ)

1929      バルセロナ万博(スペイン)

1933      ミラノ万博(イタリア)

1933~34  シカゴ万博(アメリカ)

1935      ブリュッセル万博(ベルギー)

1936      ミラノ万博(イタリア)

1936      ストックホルム万博(スウェーデン)

1937      パリ万博(フランス)

1938      ヘルシンキ万博(フィンランド)

1939      リエージュ万博(ベルギー)

1939      カリフォルニア万博(アメリカ)

1939~40  ニューヨーク万博(アメリカ)

1940  ミラノ万博(イタリア)

1947  ミラノ万博(イタリア)

1947  パリ万博(フランス)

1949  ストックホルム万博(スウェーデン)

1949  ポルトープランス万博(ハイチ)

1949  リヨン万博(フランス)

1951  リール万博(フランス)

1951  ミラノ万博(イタリア)

1953  エルサレム万博(イスラエル)

1953  ローマ万博(イタリア)

1954  ナポリ万博(イタリア)

1954  ミラノ万博(イタリア)

1955  トリノ万博(イタリア)

1955  ヘルシンボリ万博(スウェーデン)

1956  ベト・ダゴン万博(イスラエル)

1957  ベルリン万博(ドイツ)

1957  ミラノ万博(イタリア)

1958  ブリュッセル万博(ベルギー)

1960  ロッテルダム万博(オランダ)

1960  ミラノ万博(イタリア)

1961  トリノ万博(イタリア)

1962  シアトル万博(アメリカ)

1963  ハンブルク万博(ドイツ)

1964  ウィーン万博(オーストリア)

1964  ミラノ万博(イタリア)

1964~65  ニューヨーク万博(アメリカ)

1965  ミュンヘン万博(ドイツ)

1967      モントリオール万博(カナダ)

1968      サンアントニオ万博(アメリカ)

1968      ミラノ万博(イタリア)

1969      パリ万博(フランス)

1970      大阪万博(日本)

1971     ブダペスト万博(ハンガリー)

1972     アムステルダム万博(オランダ)

1973     ハンブルク万博(ドイツ)

1974     ウィーン万博(オーストリア)

1974     スポーケン万博(アメリカ)

1975~76      沖縄万博(日本)

1980     モントリオール万博(カナダ)

1981     プロブディフ万博(ブルガリア)

1982      ノックスビル万博(アメリカ)

1982     アムステルダム万博(オランダ)

1983     ミュンヘン万博(ドイツ)

1984      ニューオリンズ万博(アメリカ)

1984     リバプール万博(イギリス)

1985      筑波万博(日本)

1985     プロブディフ万博(ブルガリア)

1986      バンクーバー万博(カナダ)

1988      ブリスベン万博(オーストラリア)

1988      ミラノ万博(イタリア)

1990      大阪万博(日本)

1991      プロブディフ(ブルガリア)

1992      ミラノ万博(イタリア)

1992      セビリア万博(スペイン)

1992      ジェノヴァ万博(イタリア)

1992      ハーグ・ズータメア万博(オランダ)

1993      大田万博(韓国)

1993      シュツットガルト万博(ドイツ)

1996      ミラノ万博(イタリア)

1998      リスボン万博(ポルトガル)

1999      昆明万博(中国)

2000      ハノーバー万博(ドイツ)

2002      ハーレマーメール万博(オランダ)

2003      ロストック万博(ドイツ)

2005      愛知万博(日本)

2006      チェンマイ万博(タイ)

2008      サラゴサ万博(スペイン)

2010      上海万博(中国)

2012      麗水万博(韓国)

2012      フェンロー万博(オランダ)

2015      ミラノ万博(イタリア)

2016      アンタルヤ万博(トルコ)

2016      ミラノ万博(イタリア)

2017      アスタナ万博(カザフスタン)

2019予定      ミラノ万博(イタリア)

2019予定      北京万博(中国)

2020予定      ドバイ万博(アラブ首長国連邦)

2021予定      ドーハ万博(カタール)

2022予定      アルメレ万博(オランダ)

2023予定      ブエノスアイレス万博(アルゼンチン)

2025予定      大阪万博(日本)

国際博覧会はほぼ毎年のように開催

上記の年表を見ればお分かりかと思いますが、万博は登録博(一般博)・認定博(特別博)を問わなければ、近年は年1回ぐらいのペースで開催されています。2025年の大阪万博までが予定通りに開催されると、初開催の1851年ロンドン万博から数えて114回目の万博開催になるようです。

2025年大阪万博は、5年に一回しか開催されたない大規模な万博(登録博)であるため、日本で開催されることによる日本経済(特に関西)への影響はとても大きくなることが予想されています。

世界地理区分ごとで見る国ごとの開催回数

ヨーロッパ74回…イタリア22回、フランス11回、ドイツ8回、ベルギー7回、オランダ7回、スペイン4回、イギリス3回、オーストリア3回、スウェーデン3回、フィンランド1回、ブルガリア3回 HDK ドライブシャフト 左(助手席側) ダイハツ ムーヴ L900S EF-SE 1999/11~2000/09 ミッション:5MT/3AT、ハンガリー1回、ポルトガル1回

南北アメリカ20回…アメリカ16回、カナダ3回、ハイチ1回

アジア18回…日本6回、中国3回、韓国2回、イスラエル2回、タイ1回、トルコ1回 、カザフスタン1回、アラブ首長国連邦1回、カタール1回

オセアニア2回…オーストラリア2回

アフリカ…0回

開催される地域は、欧米に偏っているのが分かります。

ただし、初代開催国であるイギリスでは、3回しか万博を開催していません。万博にはその国の経済の発展を誇示する目的が大きいため、近年は先進国の開催は消極気味です。どちらかというと元々経済が発展している国が開催するよりも、経済発展の勢いのある国が開催する方がメリットは大きいのかもしれません。

アフリカでは一回も万博は開催されていません。今後発展途上国でも、経済が発展すれば将来的にアフリカでも開催される国が出てくるかもしれませんね。

万博開催によるメリット・デメリット

メリットについて

■NGK [4292] *1台分16本セット* パロート/PARAUT スパークプラグ 【メーカー在庫あり】 PFR5R-11 * メルセデス ベンツ AMG S55 GF-20073 113M55 2001年6月~

全国への経済波及効果は1兆9,000億円との試算があります。万博開催に伴うインフラ整備(鉄道の延伸等)やビル建築、住宅地造成など大阪・関西に様々な投資を生み、雇用の創出も見込めます。

万博開催予定地である夢洲は、万博終了後はカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致も見据えています。大阪・関西を観光目的で訪れる訪日外国人は年々増加していますが、東京オリンピック終了後も日本のインバウンド消費を支える柱として期待されています。

ちなみに、1970年の大阪万博では、高速道路網や鉄道路線などの交通インフラが整備され、経済波及効果は2兆円とも言われました。この頃の成功をもう一度実現したいがために、政財界が一体となって誘致活動を行ってきました。

「負の遺産だった?」夢洲や舞洲、咲州を有効利用できる

大阪の永遠のフロンティアこと 【送料無料】 165/70R13 13インチ BIGWAY ビッグウェイ EXPLODE BPV 4J 4.00-13 YOKOHAMA ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum19】、人工島の「夢洲」が有効利用される形になります。

夢洲はもともと「テクノポート大阪計画」の失敗により、舞洲、咲州と並び長らく「負の遺産」と呼ばれることが多々ありました。バブル崩壊やオリンピックの誘致失敗等でまともな有効活用がされず、現在はコンテナなどの物流倉庫や廃棄物処理用の土地などとして機能しています(全く活用されていないという訳ではありませんが…)

しかも、3つの島の中でも特に夢洲は一番僻地に存在します。万博で夢洲をメイン会場として利用する場合は交通アクセスの整備が必要不可欠になります。

デメリットについて

税金を含めた莫大な費用が必要

「税金の無駄遣いである」という指摘も数多くなされています。

政府の試算によると、建設費支出は会場整備だけでも約1,900億円 ●RE雨宮●RX-8 SE3P SUS Ex.MANIHOLD、大阪府案によるインフラ関連事業費(鉄道、道路など)が約730億円と推定されます。こういった運営費、消費支出をまかなえる程の経済効果を本当に実現できるのかどうかを疑問視されている専門家も少なくありません。

費用負担の配分は、地元経済界、日本政府、大阪府・市の3つで均等に配分されることになっていますが、莫大な税金が投入されることは必至です。

経済効果が限定的になる可能性

上記で挙げたような支出で成り立つ万博ですが、利益の大部分が一部の巨大企業等が享受し、一般市民にまで還元されるかについては懐疑的な見方もされています。1970年の大阪万博ほどの経済効果は期待できない可能性は高いです。

そして、万博は半年間のみの開催です。万博終了後の跡地の活用についても課題が残ります。万博開催地の付近にカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する計画がありますが、国内の誘致レースはまだ続いており、必ずしも大阪にカジノが誘致されるという保証もありません。もしIR誘致に失敗した場合、大きな赤字を抱えるリスクが残ります。

万博開催は国を挙げたギャンブルになるかも!?

万博日本開催決定の知らせで、喜びの声が多数挙がっていますが、こういった事情により手放しで喜べない状況でもあります。万博が上手くいくか失敗するかはある意味国を挙げた大博打になるかもしれませんね。まだカジノ誘致という大勝負も控えているため、大阪はいろんな意味で「博打の街」へと変貌していくのでしょうか。

コメントを残す