>  > 【送料無料】バッテリー 日産 マーチ TA-K11 用 N-60B24L/CR パナソニック サークラ ブルーバッテリー 車用 車 バッテリー交換 充電 circla サークラバッテリ

【送料無料】バッテリー 日産 マーチ TA-K11 用 N-60B24L/CR パナソニック サークラ ブルーバッテリー 車用 車 バッテリー交換 充電 circla サークラバッテリ

  1. NGK(エヌジーケー) スズキ SX4 プラグ プレミアムRXプラグ 2006/7~2009/5 SX4 YA41S/YB41S ■エンジン:J20A ■排気量:2000 4本セット
  2. Python

Pythonでエスケープシーケンスを無視(無効化)するraw文字列

Date: 2018-02-04 / tags: Python, 文字列操作
Tweet

Pythonで文字列リテラル'...', "..."の前にrまたはRをつけると 、エスケープシーケンスを展開せずそのままの値が文字列となる。Windowsのパスや正規表現など、バックスラッシュを多用する文字列を扱うときに便利。

スポンサーリンク

【送料無料】バッテリー C26/NC26/FNC26系(S-HYBRID以外) 日産 マーチ TA-K11 用 4本セット N-60B24L/CR パナソニック サークラ ブルーバッテリー 車用 車 バッテリー交換 充電 circla サークラバッテリ

Pythonでは、通常の文字列では表せない文字(タブや改行など)をC言語などと同様にバックスラッシュ\をつけたエスケープシーケンス(\t\nなど)で記述する。

s = 'a\tb\nA\tB'
print(s)
# a b
# A B



raw文字列でエスケープシーケンスを無視(無効化)

文字列リテラル'...', "..."の前にrまたはRをつけると、エスケープシーケンスを展開せずそのままの値が文字列となる。このような文字列はraw文字列(raw strings)と呼ばれる。

rs = r'a\tb\nA\tB'
print(rs)
# a\tb\nA\tB



raw文字列型という特別な型があるわけではなく ★日立オートパーツ&サービス・MRリンク・オルタネータ★代表純正品番:23100DB000HITACHI 品番:LR1130-702B、あくまでも文字列型で LEXUS LS サイドステップ【エイムゲイン】LEXUS LS460/600h USF40/UVF45 後期 F SPORT 純VIP GT SIDE STEP FRP製、バックスラッシュをエスケープした通常の文字列と等しい。

print(type(rs))
# <class 'str'>
print(rs == 'a\\tb\\nA\\tB')
# True



通常の文字列ではエスケープシーケンスは1文字とみなされるが、raw文字列ではバックスラッシュも文字数にカウントされる。文字列の長さや各文字は以下のようになる。

print(len(s))
# 7
print(list(s))
# ['a', '\t', 'b', '\n', 'A', '\t', 'B']
print(len(rs))
# 10
print(list(rs))
# ['a', '\\', 't', 'b', '\\', 'n', 'A', '\\', 't', 'B']



車 N-60B24L/CR 【送料無料】バッテリー サークラ 用 日産 circla パナソニック マーチ ブルーバッテリー 充電 バッテリー交換 車用 用 【送料無料】バッテリー TA-K11 サークラバッテリ

raw文字列を使うと便利なのが 【送料無料】 175/65R14 14インチ KOSEI コーセイ エアベルグ レバンナ 5.5J 5.50-14 FALKEN ファルケン シンセラ SN832i サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、Windowsのパスを文字列で表したいとき。

Windowsのパスはバックスラッシュ\で区切られているので、通常文字列を使うといちいち\\のようにエスケープしないといけないが BMW 3 Series F30/F31/F34 フロアマット【アルピナ】BMW 3 Series F30/31 ALPINA フロアマットセット(RHD)、raw文字列を使うとそのまま書ける。値としては等価。

path = 'C:\\Windows\\system32\\cmd.exe'
rpath = r'C:\Windows\system32\cmd.exe'
print(path == rpath)
# True



なお、後述のように、末尾が奇数個のバックスラッシュで終わる文字列はエラーになるので注意。この場合は通常の文字列で書くか、末尾だけ通常文字列で書いて連結する必要がある。

path2 = 'C:\\Windows\\system32\\'
# rpath2 = r'C:\Windows\system32\'
# SyntaxError: EOL while scanning string literal
rpath2 = r'C:\Windows\system32' + '\\'
print(path2 == rpath2)
# True



repr()で文字列変数をraw文字列に変換

通常の文字列の変数をエスケープシーケンスを無視(無効化)したraw文字列に変換したい場合、組み込み関数repr()が使える。

s_r = repr(s)
print(s_r)
# 'a\tb\nA\tB'



repr()が返すのはeval()に渡されたときと同じ値を持つようなオブジェクトを表す文字列であり、先頭と末尾に'が付いている。

print(list(s_r))
# ["'", 'a', '\\', 't', 'b', '\\', 'n', 'A', '\\', 't', 'B', "'"]



スライスを使うとrを付けたraw文字列と等価な文字列が得られる。

s_r2 = repr(s)[1:-1]
print(s_r2)
# a\tb\nA\tB
print(s_r2 == rs)
# True
print(r'\t' == repr('\t')[1:-1])
# True



末尾のバックスラッシュに注意

バックスラッシュが直後のクオート文字'または"をエスケープするので、

、文字列末尾に奇数個のバックスラッシュ\があるとエラーが発生する。偶数個であればOK。

# print(r'\')
# SyntaxError: EOL while scanning string literal
print(r'\\')
# \\
# print(r'\\\')
# SyntaxError: EOL while scanning string literal



 
 
スポンサーリンク
シェア
Tweet

関連カテゴリー

関連記事

{yahoojp} {note.nkmk.me}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-75224